HOME>イチオシ情報>布地の種類や特徴に合わせた活用方法を紹介

布地の活用方法

布地の種類は様々で、用途や特徴に合わせて活用法が異なります。まずは布地でよく使われる素材について紹介します。

布地の利用度ランキング

no.1

綿が最も多い

日本で使われる布地の素材で、最も多いのが綿となります。実に衣料用繊維の約40%を占めていると言われています。特徴としては、耐久性と汗などの吸収性に優れています。肌着としても多く使われていて洗濯機で簡単に洗えるので便利ですよね。

no.2

リネン素材

リネンも肌着などの素材として多く用いられています。また、ハンカチなどにもよく使われている素材の1つです。特徴として、肌触りが良くて丈夫なので、長く使うほどに肌になじみます。

no.3

ポリエステル素材

ポリエステル素材は、化学繊維の代表として最も多く生産されている素材です。インテリア用品から衣類まで様々な物に加工されたりして使われています。

布地を用途で探す

布

様々な種類の布地の中から最適な布地を探すのはとても大変なことですよね。そんな時はネットを活用して、用途で探すととても便利ですよ。例えば、入園や入学グッズに使う布地を探しているなら、そのカテゴリで分けられているサイトや業者を検索して利用しましょう。他にも赤ちゃん向けの用途に使われる布地や雑貨や衣類向けなど用途に合わせた布地を選ぶことができます。

布地の素材と種類

布

布地には様々な素材があり、コットンやウール、シルクなど豊富なバリエーションがあります。コットン素材の布地でタオルなどに活用することもできますし、ニット素材を用いて帽子や手袋などの作成もすることができます。他にもポリエステル素材の布地などは、カーペットなどに使われたり、インテリア用品としても使うことができます。また、布地にはそれぞれ素材の特徴があります。ポリエステル素材の特徴としては、型崩れがしにくいので、綿などの縮みやすい素材と混合して加工製品化されることが多いです。他にもキルティング素材の特徴を活かして、厚手のベッドカバーやソファーなども制作されます。このように素材の特徴を活かした布地選びで希望に合った製品を作ることができます。